建物設備を改善させる|安全守る業者の施工テクニック

二つの住宅

注意すべきこと

注意すべき点とはどういうところか

スプリンクラー設備は火災発生時に室内の天井に取り付けられた消化設備が自動的に作動して水を噴射し、火災を最小限に食い止める装置のことを指します。 火災が発生すると大きな被害が及ぶ工場や倉庫、高層建築物や地下街、公共建物や百貨店、病院、ホテル等に設置されます。 ポンプが作動しなかったりバルブが何らかの理由で塞がれていたりすると機能しないので注意が必要です。 ヘッド周辺ではデフレクターの下方は45センチ、水平距離は30センチ以上の空間を確保することが消防法によって定められています。スプリンクラー設備はヘッドは塗装も出来ません。 散水はそれによる被害も拡大する恐れがありますので、消火が完了した場合には直ちに散水を停止する必要があります。よってそれを止める場所がどこにあるのかも把握しておく必要があります。

知っておくと良い情報とは

スプリンクラー設備は地震の際に被害を受ける場合があります。 例えば移動書架を真下に設置したために地震の際にあおりを受けて破損し、散水によって書籍類に被害を受けた例も報告されています。よって書架は転倒防止等の安全対策が取られることが必要です。 スプリンクラー設備の設置対象は集客施設や宿泊所、地上11階以上の建物は設置が必要とされています。 操作できる立場にある人は捜査状況が監視できる状態になっていなければならず、そのような場所相互間で通話設備をもうけること、放水型ヘッド等による警戒領域を通過することなくそこへ到達できることなどが求められます。 加圧送水では高架水槽や圧力水槽が使われたり、非常用電源も備えて電動モーターやタービンポンプが用いられています。

Site Menu

Copyright© 2015 建物設備を改善させる|安全守る業者の施工テクニック All Rights Reserved.